腸内環境は大丈夫!?お腹が鳴る原因と対策をしっかり知ろう

お腹が鳴る原因&対策

 

静かに仕事しているとき、授業を受けているときや、クラシックのコンサート、静かな舞台を鑑賞しているときなどにお腹が鳴ると、とても恥ずかしい思いをしますよね。お腹が鳴るときは、基本的にお腹がすいているときと言われていますが、実はあながちそうともかぎらないのです

 

お腹が鳴るときは、大概空腹か満腹のとき

 

実は、お腹は満腹時にも鳴るものだと、ご存知でしたか?世間一般のイメージでは、お腹がぐうっと鳴るのは空腹の時だと思われがちですが、食後に鳴ることもあります。そもそも、空腹のときになるお腹の音は、取り入れた新たな食物を迎え入れる準備のために、胃が収縮活動をするためです。なので食事を取ったり、甘い物を食べて糖分を補給することで鳴るのを抑えることが出来ます。

 

反対に、満腹時に鳴る音は、消化活動の一環として発生したガスによってなっています。消化する過程でガスが発生するのは誰でも同じです。つまり、人体のメカニズムによって鳴っているだけなので特に健康に害があるというわけではありませんが、まれに腸内環境が悪化しているケースがあります。

 

便秘との関係

 

特に最も挙げられるのが「便秘」ではないでしょうか。便がうまく排出されないのは、同時にガスもうまく排出されないという事でもあるので、ガスが溜まっていくと満腹時にお腹を鳴らす大きな原因になるのです。さらに便が発するガスもあるため、悪循環に陥りガスがどんどんたまっていってしまいます。お腹が鳴るのが慢性化していたら、腸内環境の悪化、何らかの病気の可能性があります。

 

便秘も一つの病気かもしれませんが、何らかの病気によって便秘が起こっている可能性も否めません。特に現代の人が気を付けてほしい、患者数が急増しているのが呑気症と過敏性腸症候群です。呑気症とは食事の時、食べ物を飲み込む際、一緒に飲み込む空気の量が多いためにガスがたまることを指します。胃の中にガスが溜まったというのと同じ上体になるため、お腹が鳴りやすくなります。過敏性腸症候群は、腸が弱くなってしまって便秘や下痢を繰り返してしまう、慢性的になってしまう状態のことで、これも同じようにガスをためる原因になるのでお腹が鳴りやすくなってしまいます。

 

この二つの病気は、ストレスや精神的なものが深く影響していると言われています。ですので、ストレスや睡眠不足の解消、疲労の回復が絶対に必要になります。

 

乳酸菌や食物繊維をたくさん含んだ食品をとって、腸内環境を整えるのも大いに有効かと思います。いずれにしても、自分の現在の問題をしっかりと把握して、原因を見つけた上で対策方法を取るのが一番お勧めですし、症状の緩和、改善には一番早いと思いますよ。

 

 

乳酸菌でお腹の調子を整えて!効果的な乳酸菌サプリをご紹介

 

乳酸菌のサプリランキングはこちら